営業職に向いている人とそうでない人!について

営業職に向いている人とそうでない人!

営業職に向いている人をいくつか紹介したいと思います!
もちろんここに記載されていない人達でも営業職に向いている場合があるので要注意です!
参考にしてもらえると良いですね!

□第一印象が良い人!
怖い顔の人なんかはあまり営業職として好かれません!
逆に弱そうな顔というのも相手に言いくるめられる可能性があるのでコチラも向いていません!
なんか見ていて穏やかになれるような人が営業職に向いています。
なので、女性なんてのは飛び込み営業に向いていると言えます。

□諦めない人!
これは営業職にとってはかなり重要なことだと思います。
ただ、よく勘違いされるのはしつこいのと諦めない人では違います!
無理だと思ったと時は潔く止めることができる人が営業職に向いています!
なので、ついでに言うと優柔不断な人は向いていないと言えますね。
以上が私が思い描く営業職に向いている人達だと思います。
ぜひ参考に自分の武器を見て確認してみましょう。

営業職のやりがいなど

一般的に営業職とは、お客さまのところに出向いて商談をしながら、自社の商品を売っていくのが主な仕事です。商品が高額になればなるほど、お客様との信頼やトーク力、商品に対する知識など様々なスキルが必要となってきます。会社によっては月々のノルマを達成しなければならないところもあったり、何かと大変なイメージのある営業職ですがそれだけにやりがいも大きくなってきます。オフィスにこもって行う事務作業などとは違い、実際にお客様の話を聞くことによって相手のニーズを知ることが出来るのはとても新鮮です。また、勧めた商品が相手に喜んでもらえた時は、まるで自分のことのように嬉しく感じることができます。直接のやりとりが多い分、仕事に対するモチベーションも高くなるのです。事務作業も多少はありますが、基本的には外での活動になりますので自分のペースに合わせて仕事が出来るのもメリットの一つです。食事も外で食べることが多くなりますので、外食が好きな人は外回りついでに美味しいお店を探したりすることもできます。ただし、お客様とアポを取っている場合、きっちりと時間を守るなど社会人としてのマナーを守ることが大切です。営業にとって第一印象は最も大切ですので、髪や服装には清潔感をもち、相手を不快にさせないような立ち振る舞いを心がけます。もし相手に嫌な思いをさせてしまったら、自分だけではなく会社全体の責任や損害にもなりかねないのです。

Favorite

ルビー 買取 札幌

スーツケース 大型

2018/8/24 更新